胃薬・胃腸薬ランキング【イーグッド】

あなたの胃の症状をチェック

胃がもたれる・重い

朝起きたとき

加齢や体調によって胃が弱り、胃の運動も低下しています。

加齢とともに、胃も歳をとります。繰り返す胃もたれなどの不快症状は、
加齢や体調によって胃の働きが低下しているために起こります。
朝起きた時に胃がもたれている原因としては、前日の夕食が脂っぽいものであったり、
夕食時間が遅かったりしたために食べものが十分に消化されず、胃内に滞留していることが考えられます。

食後

食後に胃がもたれる、胃が重い、お腹が張るというのは、胃の中の食べもので胃に負担がかかっている状態です。
食べたものの消化を助けてあげる必要があります。

痛みがある

胃に痛みを感じるような場合には、前日に飲んだアルコールが、胃粘膜を直接刺激している可能性が考えられます。
また、ストレスなどの刺激を受けて体調が乱れ、日中や夜間の空腹時に胃酸の分泌が過多になっていることが原因かもしれません。

飲み過ぎなどの食生活の乱れや生活上のリズムの乱れは、胃の働きにも影響を与えます。
必要ないときに胃酸の分泌が過多になってしまうのには理由があるからです。
このような状態では、胃酸などが胃粘膜を荒らしてしまいます。
なお、激しい痛みや普段感じる痛みと違う場合には医療機関を受診することをおすすめします。

胸焼けがする

朝起きたとき

朝起きたときに胸焼けを感じる原因には、前日に飲んだアルコールが、胃粘膜を直接刺激している可能性が考えられます。
また、ストレスなどの刺激を受けて体調が乱れ、夜間の空腹時に胃酸の分泌が過多になっていることが原因かもしれません。
飲み過ぎなどの食生活の乱れや生活上のリズムの乱れは、胃の働きにも影響を与えます。
必要ないときに胃酸の分泌が過多になってしまうのには理由があるからです。
このような状態では、胃酸などが胃粘膜を荒らしてしまいます。

食後

食後、数時間たっても「食べたものが胃に残っている感じ」を伴う胸焼けが起きる場合は、胃の機能が低下していることが原因であることが多いようです。

吐き気がする

朝起きた時

朝起きたときに吐き気がする原因には、前日に飲んだアルコールが、胃粘膜を直接刺激している可能性が考えられます。
また、ストレスなどの刺激を受けて体調が乱れ、夜間の空腹時に胃酸の分泌が過多になっていることが原因かもしれません。

飲み過ぎなどの食生活の乱れや生活上のリズムの乱れは、胃の働きにも影響を与えます。
必要ないときに胃酸の分泌が過多になってしまうのには理由があるからです。
このような状態では、胃酸などが胃粘膜を荒らしてしまいます。

それ以外

限度を超えた飲酒か、風邪などのウィルスの影響を受けて、胃が防御反応を示しています。
胃が各種刺激から胃を守ろうとする防御反応により、異常な運動を起こしている状態です。

膨満感がある

食後

胃の働きに対して負担が大きくなっています。

食後に胃が重い、お腹が張るというのは、食べ過ぎで胃の中に食べものが入りすぎて、
胃に負担がかかっている状態です。食べたものの消化を助けてあげる必要があります。

食欲不振

体調などによって胃が弱り、胃の運動も低下しています。

ストレス、体調などの影響で、ときとして食欲が低下することがあります。
胃の働きが弱いときには栄養も十分には得られません。消化の良いものをとることが必要です。

胃の症状をチェックのまとめ

あなたの胃の不快感にあてはまることは有りましたか?
胃の健康は生活習慣の改善からはじまります。
それでもキツイ方は健胃剤を用いながら胃を健康にしていきましょう。