よくある質問

胃の調子が悪いですが病気ですか?
暴飲暴食、アルコール、ストレス、運動不足、加齢、喫煙など
様々な要因が胃のトラブルを引き起こす原因となります。

胃痛の場所でわかる胃の病気チェックを参考にして下さい
心配であれば1度專門の病院に行くことをオススメします。

どうして胃の調子が悪くなるんですか?
胃の調子が悪くなる原因は大きく分けて3つあります。
1.胃酸によるトラブル
胃酸は分厚い肉片さえ溶かしてしまうほどの酸です。
胃酸から胃を守るために、胃の内側から粘膜から「粘液」が分泌されています。
何かの原因で胃酸の分泌が活発になる、胃粘膜を攻撃する因子が増えると、
胃粘液で防御しきれなくなり、粘液の層が壊れたところから胃酸などにより胃粘膜が
傷つけられて、胃が痛むことがあります。

2.胃粘液によるトラブル
上記の通り、胃粘液は胃酸から胃粘膜を守る働きをしています。
なにかの原因よって胃粘液の分泌が衰えると、胃粘膜を守りきれなくなり
胃が痛むことがあります。

3.蠕動(ぜんどう)運動によるトラブル
蠕動運動とは胃周辺の筋肉の収縮によって
胃酸によって溶けた食物を十二指腸に送る働きをしています。
しかし、加齢などによって胃が弱ってくると蠕動運動が低下し、消化にも時間がかかります。
その結果、胃がもたれたり、胸焼けを感じるようになります。

胃の不快感を抑える方法はありますか?
漢方由来の薬、医薬部外品などを服用してください。
薬などがない場合は
炭酸水を飲む
炭酸水はアルカリ性です。
胃の中の胃酸が原因で不快感がある場合は中性化し胃の痛みを和らげてくれる可能性があります。

温かい牛乳を飲む
牛乳には胃の粘膜を保護する働きがあります。
胃には知覚神経はありませんが、温めることで胃の活動も良くなるので温かい牛乳を飲んで下さい。

うどんを食べる
うどんの麺は消化に良く胃に優しいです。
さらにうどんの汁はアルカリ性です。胃酸の酸性を弱めてくれる働きがあります。

胃の不快感を予防する方法はありますか?
ストレスをためず、規則正しい生活を送ることが1番大切です。
食事に関して言うと
ゆっくり良く噛み、腹八分目まで、1食食べた後は4時間以上空ける。また脂肪分の多い食べ物、刺激のある食べ物は避けましょう。アルコールの飲み過ぎも胃を痛める原因です。タバコも胃を傷める原因、胃がんなどの原因にもなります。

生活に関しては
ストレスをためないこと。1日の中で心からリラックスできる時間をしっかりとること。質の良い睡眠をとることが大切です。

胃に良い食事はありますか?
胃に良い食事の記事を御覧ください
病院に行ったほうがいいタイミングはありますか?
胃の痛みや不快感はどのタイミングで病院に行ったらいいか迷ってしまいますよね。
すぐに病院に行った方が良い場合は
・急に激しい痛みが襲ってきた
・今までの痛みを違う痛みが襲ってきた
場合はすぐに病院に行きましょう。急性疾患の可能性が高いです。

ときどき痛くなる、痛みに波がある場合は
ストレス性胃炎の可能性があるので、薬を飲んで様子を見ましょう。
ただ、胃がんの可能性もあるので、不安な方は早めに検査を受けましょう。

胃薬総合ランキング

今月のアクセスランキングNO.1

今月のアクセスランキングNO.1

2015.3.12

漢方由来の生薬を用いた胃薬徹底ランキング調査

胃の不快感にお悩みの方を徹底サポート!

おすすめ記事

漢方の知恵を現代を生きる私たちに薬用イガラック
ページ上部へ戻る

胃薬、胃腸薬でお悩みの方に、胃薬商品研究所「イーグッド」